Read Article

GRのカスタマイズ受付が本日開始。やりたい人は急げ〜!

GRのカスタマイズ受付が本日開始。やりたい人は急げ〜!

どうも。キサラギ@kisaragi _Virです。

 

RICOHが誇るハイエンドコンパクトデジカメ「GR」その最新機種が発売になったのはわずか2ヶ月ほど前の5月の出来事でした。今回で5代目、ということもあり、どのように進化するのかという期待と不安があった方が多かったようですが、見事に新しいAPSサイズのセンサーを搭載した上で小型軽量に納めてくるという神業的な仕上がりで人気を博しております。今日はそんなGRのことをすこしばかり。


medium_240965020
photo credit: zone41 via photopin cc

カスタマイズサービスが今日からスタート。

ということでRICOHがGRファンの方々に毎度用意しているスペシャルなサービスが今日から受付可能になったようですよ。

「GR」カスタマイズサービス開始のお知らせ|PENTAX RICOH IMAGING

 

デジカメのカスタマイズサービスってどんなことができるの?っていう方に簡単にご説明をすると、外観のパーツがオリジナルなものに交換できるということと、シャッターボタンの押しやすさが何段階かの中で調整できる、っていうのが特徴なのです。

通常、デジカメのこういったカスタマイズってやってくれるメーカーが本当に少ないです。その上にやりたくてもできるところはかなり限定されているものです。個性を出そうとしても普通の人はまずできるところがないでしょうね。

少し器用で多少のリスクを背負える人なら、カメラの周りのレザーを自分好みに張り替えたりします。(この場合はキットがサードパーティーから販売されていますから、そういったものを使うことが多いでしょうね。)

近代インターナショナル製品情報(カメラの貼り革キット)

 

 

多分、この辺りがカスタマイズの限界ではないかと思います。それ以上もありますが、達人のような方々だとまあ、なんでもありかとw。

 

で、このGRはメーカーオフィシャルでサービスが充実しています。

  1. トップカバー(軍艦の部分)をシルバーに交換できる。(リングキャップのおまけつき)※
  2. レンズ周りに書かれている文字表示を渋い黒に変更できる。
  3. シャッターボタンの色をシルバーor赤に交換できる。※
  4. シャッターボタンを押す際の重さを調整できる。
  5. グリップを3種類から選んで交換ができる。

(※ 個数限定のサービスです。50個限定ですから先着順ですね。)

こんな感じで5つのサービスが用意されています。もちろん全て有料ですからそのあたりはお財布と相談してやりたいものを選べばよいと思います。

大体は例年と同じ内容なのですが、今年はトップカバーの交換ができるのが新しいサービスな気が…します。
20130723_1

 

カッコいいですよね。プロトタイプGRとでもいう感じでしょうか。エースパイロットにのみ搭乗が許される、前線に試験投入された最新型のモビルスーツっぽい。(あーだめだ。こう書くと褒めていない気がする…で書いちゃうんですけどw。)

 

少し前のPENTAXっぽい配色な感じもあるのですが金属パーツで仕上げられているはずですからかな〜り高級感溢れること間違いなし。

これだけでもやっておけばGRユーザーのなかでもごく一部の方しかできないプレミアムGRの出来上がりですよ。

 

シャッターボタンの感覚だけは実際に触って確かめないとなんとも言えないので実際にサポートセンターに足を運ぶ必要がありますけど、それ以外のサービスに関しては郵送でもOK。

 

このデジカメは多分、長くお付き合いすることが多い機種じゃないかと思います。ですから自分だけの一台、っていう感覚でちょっと贅沢をしてみるのもいいんじゃないでしょうか。気になった方はパーツが無くなる前にお早めに。

 

といったところで今日はこのくらいで。ご覧頂きましてありがとうございました。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top