2018-03-19

ファン憧れのトラベラーズノート「ブルーモデル」がこの春、定番化するよっ。

青は藍より出でて藍より青し 荀子

ようこそ。Avenir.infをご覧いただきましてありがとうございます。
キサラギ@kisaragi_Virです。

「革」を使った道具というものは時間を経るごとに味わいが増して、その年数分だけ愛着が湧くものです。鞄であったり財布であったり、革を素材とするアイテムはたくさんありますが、今回僕が気になっているのはトラベラーズカンパニーが発売している手帳「トラベラーズノート」です。

「トラベラーズノート」自体はとても有名な手帳ですので、どこかで名前を聞いたことがある方もいらっしゃると思います。タイのチェンマイで作られた上質な革を使用した、シンプルなデザインのカバーと、豊富な種類のリフィルが用意されていることで、ひとりひとりが自分だけの自由なレイアウトで使うことができるのが人気のポイントではないでしょうか。

かくいう僕も現在2冊のトラベラーズノートを所持していまして、一冊は利用頻度の低い、財布に入れるまででもないカード類や旅行先でのパンフレット、写真、資料などを保存しておくために。もう一冊は雑記や思いつきでまとまった長い文章を書きたい時用に、と使い分けて愛用しております。

一応、メインで使用しているのはKOKUYOから発売されている「ジブン手帳」なんですけど、これは僕の中では決まったフォーマットに決まったルールで書くようにしているので、まだアイディアとして固まっていないぼんやりとした段階のことを書くのにはトラベラーズノートを使うようにしています。

気になった言葉や文章を書き溜めてストックしておくと良いこともあって、ベクトルが同じような言葉のストックが溜まってくるとひとつの結論がポン、と降りてくることがたまにあります。これは考えていたその時は気がつかなかったのだけど、時間が経過して視点が増えたり変わったりすることで閃くアイディアですね。僕は個人的に「言葉の結晶化」と呼んでいます。

言葉の結晶を構築する手帳、これが僕にとってのトラベラーズノートに対するスタンスです。

冒頭にも書きましたが、トラベラーズノートは革の質感がとても良いので単純にそれだけでも道具として愛着が湧きます。もちろん、使って行くうちに擦り傷なんかは増えてくるのですが、それだけの時間を共にした相棒と思えば簡単にお別れなどできない手帳です。

もしもこれから購入をお考えの方は、ときおり革のトリートメントクリームなどを塗ってあげると艶々に復活するので一緒に用意しておくことをお勧めしております。

ラナパー レザートリートメントプチ 5ml

ラナパー レザートリートメントプチ 5ml

スポンサードリンク
posted with amazlet at 18.03.19
ラナパー
売り上げランキング: 330

適正な価格で手に入るようになりました。

さて、今回僕が注目しているのは新しい定番カラーである「ブルー」を発売することが決定したことです。もともとこのブルーは2015年に限定版「ブルーエディション」として発売されたレアアイテム。

確かに持っていること自体がファンであることの証、のようなところもありますけど、販売終了後にオークションサイトなどで異様な価格高騰を引き起こしていて好ましくない状況が続いておりました。

何につけても限定版となると買い占めや転売などで異常な価格に釣り上げられたり、精巧な偽物が出回るなど問題になる商売が横行することがが多い昨今、適正な価格で商品を提供したい、と考えたトラベラーズカンパニーさんの英断は実に素晴らしいことだと思います。

トラベラーズノート Traveler's note book 茶 チャ 13715006
デザインフィル
売り上げランキング: 12,384

僕が確認しているだけでもネットショップなどで一冊の値段が30,000円を超えている出品がなされています。定価4,000円(税抜)から比べて約8倍というとんでもない設定です。ましてこれを買ったところで本来あるべきトラベラーズカンパニーには利益があるわけもありません。ファンならばこそ、絶対にこういったところで買うべきではないと僕は考えます。

「ブルー」と表現されていますが実際はもう少し色の濃い、インディゴブルーや万年筆で書くブルーブラックの色に近いその質感は、これまでのラインナップにある「ブラック」「キャメル」「オリーブ」に続く4色目。どれも長い時間使い込むことで革の質感が滑らかに、味わい深い色合いになることでしょう。

これから新たにトラベラーズノートを購入される方には選択肢が増えるわけですし、これまでのファンからしても念願のブルーが適正な価格で購入できるようになりますから嬉しいお知らせですよね。

僕も気になっているんですけど、これ以上手帳を増やすにはまだ使い分けのレベルが足りていないようには思っています。とりあえず買っておいて使い方はあとから考えるもよし、定番化するのならば自分が使いこなせるレベルに達した時に手を出すのが正解なのかもしれませんし、そもそも同じ手帳を3冊必要なレベルってどれだけ管理したいんだ、といった根本的な問題もありますが、そういう購買意欲をかき立てる商品である、ということは間違いありません。どうしようかなあ…。


発売は3月29日。同じブルーのペンホルダーも合わせて発売となります。新年度を新しい手帳で迎えるのも良いかもしれませんよ。それでは今回のはこのあたりで。
よければまた観てくださいね。それではこのあたりで。merci ♪

スポンサードリンク
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です