Read Article

Panasonicが発売を予定しているGF6のこと。

どうも。@kisaragi_Virです。

 

この4月にも市場に投入されることが噂されているPanasonicのミラーレス一眼、GF6。(商品名は今のところの仮名。)ここ数日で出てきたニュースで段々とその仕様が見えてきたようです。

 まずは1600万画素、バリアングル液晶搭載。

(FT4)GF6は画質のGX1を打つ。 関節液晶を持っています。 | 43の噂

 

 

 

現行でPananonicが発売しているのはGF5で、ミラーレス一眼の中では最も安いモデルです。上位機と比べてオプションで対応できるアクセサリーが少ないのでライトユーザー向けに開発されていると考えてよいと思います。(外付けフラッシュや電子ビューファインダーを使いたいのでしたら一つ上のGX1を使った方がよいです。そっちも今は結構お安くなっているようですし。)

GF5で1200万画素だった撮像素子は1600万画素まで向上し、なおかつ画質は現行のGX1よりもよくなるのではないかということです。(もっとも最近のセンサーはそのくらいが平均的になりつつある状況ですが。)それと、デザインが変わってくるのがarticulated LCD、直訳すると関節液晶となるので要はバリアングル液晶を搭載してくるみたいですね。

液晶画面自体は若干は小さくなるのかもしれませんけど、やはり自由に動くのは何かと便利です。これによってローアングル撮影などがしやすくなりますので電子ビューファインダーないことに対するデメリットが一つ減ったことになるでしょう。(変わりに本体の厚みは若干出てしまうことになるはずですが、気になるほどではないかと思います。)

 

 

 

何かと流行のwi-fi機能も搭載。

GF6 has WiFi and appears in Taiwanese agency | 43 Rumors

 

 

 

最近は随分と増えてきましたWi-fiの四文字。これはいちいちケーブルを繋がなくても簡単にPCやスマホに撮影データを送信できる、面倒なことが嫌いな僕を含めた多くの人が今の一眼に求める機能です。(スマホ用には専用アプリもすでに開発されていますからSNSに画像を投稿するのも簡単にできるようになっています。)

正直なところ、Pananosicは既にコンパクト機でWi-fiを搭載しているモデルはだいぶ前から出ていますので新鮮さというと今ひとつかけるものはあるのですが、近年はNikonやCanonあたりもその辺りを意識した商品が多く出てきていますからこの辺りはしっかりと押えてくるでしょう。(とはいえ、最先端を行く人はEye-fiカードを使うので関係ないはなしだったりしますけど…。)

 

 4月9日に情報が公開される?

今回の情報元である43rumorsでは9日の午前(ロンドン時間です)にサイトをチェックしてくれ、って書いていますのでその日に何かしらの発表があると考えていいのでしょう。興味のある方はあと数日待っていれば情報が見えてくるかもしれません。逆に安くあげたい人はあと少しだけ待ってからGF5を狙う選択肢もアリですね。いまでもだいぶ安いですけどあともう一押し金額が下がるのが見えてきます。

といったところで今日はこのくらいで〜。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top