Scripta

琴線に触れた記憶を忘れたくないから。

写真や手帳に記録したこと。

これは僕の道具や思いを綴る一冊のノート。