Read Article

カメラを買ったら必要なの?というモノたちについてのこと。

カメラを買ったら必要なの?というモノたちについてのこと。

ようこそ。Avenir.infをご覧いただきましてありがとうございます。
キサラギ@kisaragi_Virです。

最近はだいぶ敷居が低くなってきた感もあって、デジタル一眼デビューする方も多いようです。今はカメラのクラスも様々に分かれているので選ぶだけでも相当に大変。という話はよく聞くところですが、あれこれ考えているといろいろな言葉を調べることになりますから、いつの間にかちょっと難しい言葉も理解できているものです。

そうして楽しみながら自分にあった一台を見つけることができればとてもよいと思います。で、僕が今回書こうと思ったのはそのほんの少し先のお話。

「最初にこれ、買っておいた方がいいの?」っていうモノのいろいろについてです。

僕の個人的な感覚で書かせて頂きました。気になる方は続きをどうぞ。

レンズにつけるフィルター

medium_4817484054
photo credit: ericmay via photopin cc

はい。これはまず鉄板。レンズの表面にキズがついてダメにしちゃう前にガラス製のプロテクターを付けておけば安心ですよ、っていうコンセプトで保護用フィルターっていうのがオススメされていることが多いです。
普段から使わない時にキャップをちゃんとつけてる人はそんなに激しいキズがつく心配をしなくても良い気がします。とはいえレンズに指紋がついたり汚れたり。まあそういったことはありますから、フィルターを付けているとそのあたりのお手入れがかなり楽ですからあった方がいいでしょう。

実際買おうとすると、フィルターもいろいろと種類があってどれにすればいいか迷ったりするかもしれません。僕が思うところ「デジタルカメラ保護用」みたいな感じになっているものであれば何でも良いと思いますw。
これ、大きなお店にいけばいくほど売場にばーっと並んでいて値段もけっこうピンキリであるんですけど、そんなに写真に差が出る訳はありませんから安いのでも充分です。欲をいえば枠が薄いのを選んでおいた方が失敗することが少ないくらいでしょう。

Kenko レンズフィルター MC プロテクター NEO 58mm レンズ保護用 725801
ケンコー (2014-02-01)
売り上げランキング: 89

液晶画面の保護フィルム

スマホ同様、液晶画面があればそこにフィルムを貼りたくなるのは日本人の性らしいですけど。カメラを何年かで使い倒すのであれば別に必要ないとも思うのですが、ある程度使ったら乗り換える前提でいる人なんかだと下取りの時に買い叩かれるのを嫌って貼ってる人も多いです。これもサイズさえ合っていれば何でも良いと思います。まだカメラ用の保護フィルムはiPhone用みたいにマニアックな頑丈さのものは出ていないはず。

ちなみに「気泡が入らない」とか「繰り返し貼れます」みたいな謳い文句はスマホ用と同じで基本は当てになりません。一発で決める覚悟で貼りましょうw。うまくいく自信がないときはカメラ屋の店員さんにお願いするもの一手。キレイに貼ってくれるところも最近は多いです。

バッグ、ケースのたぐい。

持ち運ぶ時のことは考えておいた方がよいでしょう。購入する機種によっては始めに販促品のバッグを貰えたりするのですが、あまり使い勝手はよくない。というのが正直なところ。デザインも選べませんのでやはり自分で用意した方がよいです。
もしも既に気に入ったバッグをお持ちになっているのでしたらクッションボックスを入れてみる、という手もありますのでそれもオススメです。

その際には収納スペースに余裕をみておく事と、収納した時のバッグの重さを確認しておきましょう。意外とカメラは重いですからあれもこれもと入れていると持ち運ぶのが苦痛になってしまう可能性だってあります。場合によってはリュックにしてみたり、肩の負担が軽くなるストラップ幅が広いものを選んでみたりと考えられることはけっこうありますよ。

といった感じで思ったことを書いてみました。どこか一部分でも何かの役に立つ事があれば幸いです。

よければまた観てくださいね。それではこのあたりで。merci ♪

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top